MUSIC|音楽

音楽

1960年代の半ば、銀座の電通通 りにある、ホテル日航ミュージックサロンでシャンソン歌手としてデビュー。
石井好子の石井音楽事務所の専属となる。

1965年、キング・レコードのオーディションに合格、専属歌手となりレコード を発売しだした。
「消え去りし友」「愛は燃えている」「君は我が命」「夜のメロデ ィー」など。  
当時大手レコード会社と専属契約を結んでいるかいないかはとても重要で、契約無 しの歌手とは、大リーグとマイナーリーグぐらい、格付けの差があった。
銀座のホテル日航ミュージックサロン、銀巴里などのライブハウスや、パリ祭のツアーの司会や歌、テレビ、ラジオ、日本中にあった音楽鑑賞団体への出演など、
シャンソンの中心的歌手として長い間活躍していた。
しばらく歌手活動を休んでいたが、1990年のレイモン・ルフェーブル・グラン ド・オーケストラ日本ツアーでは、司会をしながら唄い、
フランスの大編成オーケストラで唄った経験のある、数少ない日本人歌手。
レパートリーは世界に流行ったシャンソンのスタンダード・ナンバーの名曲で、そ のほとんどをフランス語で唄っている。
現在は主に、ポール・モーリアやピアニストのリチャード・クレイダーマン、ミッ シェル・ルグランなど、フランスのアーティストのコンサートの司会をしながら、
歌 手としてのライブ・ショー。

2000年7月にはアメリカと日本で僕のシングルCDが販売された。ペリー・ラマ ルカ編曲指揮による40人のフルバンドの伴奏で、アズナブールの
「愛のために死す」 と「人々の言うように」がフランス語でレコーディングされた。3000枚発売され、 売り切れた。
中国、上海のラジオ番組でこの歌が紹介され、評判になる。2002年2月。中国 で最大のレコード会社により、上記のCDが発売される。
最近ポール・モーリアが僕の編曲をしてくれている。編曲といっても、彼がシャル ル・アズナブールの為に編曲した大編成オーケストラのものを、
僕のために五人編成 にしてキーを変えてくれるのだが、編曲だけではなく、営業で使えそうなカラオケも 作ってくれている。
僕がシャンソンに打ち込んでいるのを知り、助けてやろうと思ったらしい。もちろん全部プレゼントで、パリには足を向けて寝られないと思っている。
レイモン・ルフェーブルも、1990年僕のために書いたグランド・オーケストラのアレンジを五人編成のバンドように書き直してくれた。

ディスコグラフィ

最新マキシシングル
「Hajime with The Perry La Marca Orchestra」
Hajime chante Aznavour
1:Mourir D'Aimer
2:Comme Ils Disent
The Perry La Marca Qrchestra
3:First Love(H.Utada)
4:PM Feeling